自分の長所を活かせるスキルを選ぼう

自分の職歴やスキルと転職先は一致させたい

数多くの外資系企業が日本列島に上陸して来ました。転職先として、初めての就職活動先として外資系企業が注目されています。日本企業とは異なり、オープンマインドな企業風土があったり、実力主義が採用されていたり、マイペースな勤務スタイルがあるのが特徴です。日本企業に比べ、より人材の個性を重んじるのが外資系企業です。自分の長所を活かせる職種や企業を選ぶのが、転職活動を成功させる秘訣です。

例えばIT企業に長年勤めていた方はWEB制作やECビジネスを手掛ける外資系企業が適しています。一方で小売業界でキャリアを積み重ねてきた方は、外資系の家具店や大型ディスカウントストアなどの求人に応募するのが良い戦略です。自分のスキルやキャリアと転職先を一致させる事で、今までの歩みが高く評価されやすく、好条件で雇ってもらえるかもしれません。

外資系企業ではどんなスキルが求められるのか

グローバルなビジネスを展開する巨大な外資系企業では、英語力が当然のように要求されます。英語力に自信がある方は、世界中に店舗やオフィスを持つ巨大資本の外資系に転職してみましょう。社内公用語が英語になっている企業でも、留学経験がある方や海外勤務歴がある方なら柔軟に適応できるはずです。

一方で外資系企業でも、英語力が要求されない業界は多々あります。流通系や小売、アプリ開発やゲーム開発、WEBサイト構築やネットショッピングサイトの運営など、こういった分野を志望すれば英語力に自信がない方も安心です。その代わり流通系であれば、その分野での実績や豊富な営業経験、IT関連であればパソコンスキルやコンピューターリテラシーが強く要求されるので、自分の長所を改めて確認し、それを活かせる業界を目指すのがセオリーです。