コミュニケーションスキルが必須

気遣いやアピールも必要に

外資系企業といえば、実力主義でコミュニケーション能力以上にスキルが求められる印象が強いかもしれません。しかし、実際には外資系企業もコミュニケーション能力がしっかりと求められます。何かトラブルが発生したときの対応能力を始め、上司と適切に関わっていく能力も必要になるでしょう。あまり外資系企業では飲み会などは存在しないと考えがちですが、自分の成果を知ってもらうためにはまず顔を覚えてもらわなくてはいけません。その点において、しっかりと上司に顔を覚えてもらえる席を自分から用意することは重要なのです。もちろん、あまりにあからさまなゴマすりの必要があるかは上司にもよりますが、いずれにせよある程度のコミュニケーション能力が求められることは間違いないでしょう。

英語やプレゼン力もアピールしながら

コミュニケーションツールの一つとして、英語が扱えるかどうかは非常に大きな意味を持ちます。グローバル化が進んでいる昨今はもちろん、外資系企業ならなおさら英語に触れる機会があるため、英語を使って会話ができるくらいに実力を蓄えておけば転職において大きな武器となるでしょう。この英語力に関しても、当然使う場面は誰かと話す機会が多くなるため、コミュニケーション能力の一つとして数えることができます。また、プレゼンテーションが上手かどうかも評価に大きく影響するため、転職前に実力を上げておいたほうが良いでしょう。自分の意見を伝えるためには、プレゼンする機会を逃してはいけませんし、外資系企業では必須スキルとなるのです。