外資系企業に転職するためにスキルアップをしようと考えたら、どんなスキルを選んで成長していったら良いのでしょうか。外資系企業で求められているスキルは一つではないので、具体的に必要性が高いスキルを知って学び始めましょう。

外資系転職に必要な専門スキル

現場でのニーズを考えて選ぼう

現在のビジネスの現場では業種に関係無くコンピューターが不可欠と言えます。特に近年ではスマホやタブレットのような携帯型の情報端末が多用されているので、これらの操作に慣れていないと仕事になりません。外…

詳しくはこちら »

自分の長所を活かせるスキルを選ぼう

数多くの外資系企業が日本列島に上陸して来ました。転職先として、初めての就職活動先として外資系企業が注目されています。日本企業とは異なり、オープンマインドな企業風土があったり、実力主義が採用されてい…

詳しくはこちら »

将来性も考えて厳選しよう

外資系企業の多くは複数の国や地域でビジネスを展開しています。そのため、様々な価値観や考え方を持つ外国人と接する機会が他の企業よりも多いのです。外国人と接する際、何よりも重要なことは相手の価値観や考…

詳しくはこちら »

外資系転職に重要な一般スキル

コミュニケーションスキルが必須

外資系企業といえば、実力主義でコミュニケーション能力以上にスキルが求められる印象が強いかもしれません。しかし、実際には外資系企業もコミュニケーション能力がしっかりと求められます。何かトラブルが発生…

詳しくはこちら »

プレゼンテーションスキルも肝心

プレゼンテーションは、自分の言いたいことをパワーポイントなどでまとめて発表しますが、ただ発表するだけでは味気ないです。日本の企業であれば、内容さえ伴っていれば良いかもしれませんが、外資系では不十分…

詳しくはこちら »

外資系のビジネスマナーも必要

外資系だからと言ってすべての人と対等に接するわけではない

外資系企業は国際市場で活躍できる実力主義の会社というイメージがあります。複数の国や地域と取り引きを行ったり、個人の能力に見合った評価を行う会社が多いのは事実ですが、その一方で外資系企業は日本の企業と違って礼儀は必要無いと誤解されていることもあるのです。日本の会社における上司と部下の関係や学生時代の先輩後輩の関係のような堅苦しいケースは少ないものの、外資系企業の会社でもマナーは存在します。目上の人や取引相手には礼儀正しく接する必要がある他、ビジネスの場に相応しい立ち振る舞いが求められる点はどの国の会社も変わりません。国によっては日本よりも遥かに礼儀作法に厳しい所もあるので、ビジネスマナーについては日本の会社以上に熟知する必要があるのです。

相手国の文化や価値観を尊重するのが国際ビジネスの基本

ビジネスマナーに関して何より重要なことは取引相手の文化や価値観を尊重することです。外資系企業は複数の国を跨って事業を展開することが多く、それぞれの国や地域の会社と取り引きするのが普通です。文化や価値観は国によって異なるので、相手側の考え方を尊重する姿勢を持つ必要があるのです。取引相手の文化や価値観を否定するのはビジネスチャンスをふいにするのと同じことなので、外資系企業で働くのであれば偏見や先入観を持つのはマイナスでしかありません。柔軟な考え方を持ち、異なる文化や価値観を嫌悪せずに尊重できる人が外資系企業に相応しい人材と言えるのです。見聞を広め、多角的に物事を見るように意識するのが国際ビジネスの現場に必須なマナーです。